「3つの経営理念」


困っている人を助ける

緊急性の高い様々な場面に対応いたします。

便利屋はっちは、災害時に救命救急員として活動できる体制を整えています。

安全と安心

世界で作業中のトラブルは後を絶たず、韓国ではハチ駆除作業中の消防隊員が蜂に襲われ死亡。

国内でも毎年20名前後の死亡者や、ハチ駆除中に建物を全焼させる事例などが挙がっています。

便利屋はっちは、作業リスクと向き合い「お客様の安全と安心」を心がけています。

未来へ繋げる

役立つ情報を自社に止めず、次世代の駆除員に継承します。

便利屋はっちは、全国の蜂被害を減らすための取り組みをしていきます。


当店は2018年8月1日ハチ駆除専門店として開業しました。

現在は複数の生活救急サービスを展開しております。

また公共施設や住宅街での作業中のトラブルを避けるため、周辺を調査した上で安全な作業を心がけており、

緊急性のある現場に駆けつけるスタッフとして、万が一に備え救命救助法を取り入れ安全を向上させる取り組みを実施しています。

非常に低い確率となりますが、万が一深刻な場面に遭遇した場合、スタッフが所持するエピペン自己注射薬は薬事法により本人以外が使用できません。そのため蜂による被害者へ出来る最善の処置として救命救助法を取り入れております。

些細な事でも責任を持ってご対応いたします。

蜂一匹からご相談を受けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


PAGE TOP